なぜ紫外線は体によくないの?

太陽に光を浴びることは気持ちいいし、体内にもいい影響を与えてくれますが、太陽光には紫外線という皮膚や人体に悪影響を与えるものがあり、それを浴び続けていると、大変なことになってしまいます。

一例をあげるとシミ・そばかす・シワの原因になったり。肌の保湿機能を低下させ肌荒れを引き起こしたり、活性酸素を発生や新陳代謝を乱すことにより肌の老化を促進させたりと様々な肌トラブルを引き起こします。

紫外線対策に有効なスーパーフード

では、ここで紫外線対策に役立つスーパーフードを紹介を紹介します。
スーパーフードを取り入れることにより体内から紫外線対策をしてあげましょう。

マキベリー

紫色の果実と言えばブルーベリー、アサイー、そしてマキベリーです。

これらに含まれるポリフェノールが、マキベリーにはアサイーの“なんと4倍”も含まれていて特に抗酸化力が強いアントシアニンが多く含まれていてるのが特徴です。さらにマキベリーに含まれるアントシアニンは、特に抗酸化活性力が強いと言われているデルフィニジンという成分の割合が高いです。

アサイーボウルやスムージーに簡単に取り入れられる点もポイントです。

ゴジベリー(クコの実)

ゴジベリーも抗酸化物質の含有量が多い食品です(ブルーベリーの4倍相当と言われています)。

ゴジベリーのアミノ酸に含まれる、L−グルタミミンとL-アルギニンは見た目や代謝を若返らせせるために必要な成長ホルモンの分泌を高めてくれます。成長ホルモンは加齢とともに減少しますし、夏は肌にも疲れが出ますのでゴジベリーの力は一役買う季節ですね。

持ち運びもしやすく、マキベリーボウル(もちろんアサイーボウルにも)のトッピングなどにも活用できますよ!

トマト

トマトの赤色色素「リコピン」は、ビタミンEの100倍以上の抗酸化力を持つと言われています。紫外線によって発生する活性酸素を除去するだけでなく、シミの元となるメラニンをつくる酵素の働きを抑制、日焼けによる肌のごわつきを抑える働きもあります。まさに食べる日焼け止めとも言えますね!

キウイフルーツ

キウイには、驚くほどのビタミンCが含まれていて、スーパーフルーツとも言われています。

まず、ビタミンCで有名なレモン一個に含まれるビタミンCの量は約20mg!
それに対し、キウイ一個には約70mgほどのビタミンCが含まれています。
ちなみに、ビタミンCには、紫外線を浴びて発生する活性酸素を除去してくれる抗酸化作用があり、それによって光老化を防いでくれます。また、シミの原因となるメラニンを抑制したり、肌の弾力組織であるコラーゲンやエラスチンの生成を促進してシワを予防改善もしてくれます。
それに加え、ビタミンCをパワーアップさせる、ビタミンEも豊富なので、効率も良いのです。

アセロラ

アセロラポリフェノールには、メラニン色素を生成するチロシナーゼの活性を抑え、さらにメラニンの産生をブロックする効果があります。また、メラニンの沈着を抑える効果があることも判明しています。アセロラポリフェノールはメラニン色素の生成をダブルでブロックし、沈着を抑える素晴らしい成分なんです!

アセロラジュースはスーパーやコンビニで簡単に手に入ります。飲みたいときにいつでも手軽に摂取できるので、ぜひおすすめです。

関連するまとめ

サボテンを食べてキレイになろう!スーパーフード「カクタス」とは?

キレイになるために日頃努力をされている人も多いはず。そのためにスーパーフードを取り入れている人もいますよね。…

すふらぶ編集部 / 933 view

優秀な夏野菜~トマト・ゴーヤ

夏野菜の定番、トマトとゴーヤ。普段から食卓にも上がりやすいので気付かない方も多いかもしれませんが、これらの野…

すふらぶ編集部 / 335 view

スーパーフード・ザ・フルーツ!ザクロ、いちご、ゴジベリー

今回の特集は「ベリー」です。多くの素晴らしいベリー達をご紹介します。

すふらぶ編集部 / 605 view

すふらぶ編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。