脳卒中や心臓病の予防

パルミトレイン酸は血管内に入ることのできる珍しい脂肪酸で、血管の栄養となります。

脳卒中になる人の血管はやせて細くなってしまっていることが多いのですが、パルミトレイン酸が栄養となり、血管を太く丈夫にすることで、脳卒中や心臓病に効果をもたらしてくれるのです。

胃腸の働きを助ける

マカデミアナッツオイルに含まれるオレイン酸は、胃の調子を整えることで胃酸過多や胃潰瘍を防ぐと言われています。
また、腸のすべりをよくすることで便秘の予防に効果があると言われています。

酸化しにくい

一般的にオイルは酸化してしまうと品質が変わり、本来持っている効果が失われてしまうことがあります。
マカデミアナッツオイルは酸化しやすいリノール酸の含有率がとても低いため、酸化しにくく長期間の保存が可能です。

マカデミアナッツオイルの利用方法

スキンケア

洗顔後に化粧水をつけ、少量のマカデミアナッツオイルを肌になじませてみると、加齢とともに失われていくと言われているパルミトレイン酸が肌に浸透し、みずみずしい感触を取り戻していくのを実感できます。
バニシングオイル(消えてなくなるオイル)と呼ばれる理由がもっともわかるのは、この使い方だと言われています。

クレンジング

マカデミアナッツオイルの成分はとてもこまかく、毛穴の奥に入り込むことによって化粧をしっかり落とすとともに、皮脂詰まりを解消してくれます。スキンケアに使われるオイルですので、通常のクレンジング剤とは違って洗い流しも軽くすすぐだけで済みます。
残ったマカデミアナッツオイルは肌に浸透し、皮膚を守ってくれるのです。

オイルマッサージ

マカデミアナッツオイルはその高い浸透力から優れたキャリアオイルとして用いることができます。ほかのキャリアオイルとブレンドしてもいいですし、エッセンシャルオイルとブレンドすることで、エッセンシャルオイルの持つ効果を肌の奥深くに運んでくれます。
また、マカデミアナッツの心地いい香りが、マッサージの癒しともなるでしょう。

ヘアケア

傷んでパサつく髪やダメージを負った髪に、洗髪後少し馴染ませることで潤いを与えることができます。
マカデミアナッツオイルは髪に対しても浸透力を発揮し、ベタつきを感じさせません。

お料理にも

マカデミアナッツのその高い沸点から、加熱する料理にもつかうことができます。また、酸化しにくい性質のため栄養成分の変質が少なく、あらゆる料理に使うことができます。

マカデミアナッツオイルの注意点

関連するまとめ

お肌も髪もこれでつるつるに!アボカドオイルのいいところ

森のバターともいわれる「アボカド」。もともと栄養価の高いアボカドは女性にとって積極的に摂ってほしい食材です。…

すふらぶ編集部 / 284 view

スーパーフード・ザ・フルーツ!ザクロ、いちご、ゴジベリー

今回の特集は「ベリー」です。多くの素晴らしいベリー達をご紹介します。

すふらぶ編集部 / 599 view

アーモンドオイルでお肌をしっかり保湿しましょう♡

お肌の保湿って大事ですよね。冬の乾燥はもちろんですが、暑い季節もエアコンの影響でお肌は乾燥しがちです。みなさ…

すふらぶ編集部 / 388 view

関連するキーワード

すふらぶ編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。