食事を制限することが開運につながる!?

美や健康のために、モデルや海外セレブなどの食事法を真似しているという方も多いのではないでしょうか。実際に彼女たちは、毎日ゴージャスな会食やリッチな食事をしているわけではありません。人生を豊かに送っている方々を中心に、粗食ブームやスーパーフードがなどを取り入れた、健康的な食事法が最近注目を浴びています。健康的で美しい見た目と体を手に入れているだけではなく、ライフスタイルそのものにも影響する何かがあるのかもしれませんね。

実は、江戸時代の日本において、食べ物と運気の関係について生涯を賭けて研究し唱え続けた「水野南北」という男性がいました。日本一の観相家といわれていたその人物は、食事を節制することで人は開運できるという「節食開運説」を唱えていました。毎日の食事で、運気アップが叶うなら取り入れない理由はないですよね。

「開運」というとスピリチュアルな要素を感じますが、まずは南北のエピソードから、そのようにいわれるようになったきっかけや理由について、注目してみましょう。

「節食開運説」が誕生したエピソードとは

水野南北は幼い頃に両親を失くして孤児となり、鍛冶屋をしていた叔父に引き取られたのですが、愛情不足から10歳の頃から飲酒をするようになったり、喧嘩ばかりしていたといいます。そして18歳の頃、酒代欲しさに悪事をはたらいてしまい牢屋に入ることになってしまいました。しかし、その牢内での生活が彼の人生を変える大きな転機となりました。

罪人として牢の中にいる人の人相と普通の人の人相の間に明らかな違いがあることに気づいた南北は、観相に深く関心を持つようになりました。出牢後に早速当時人気の高かった人相見を訪ね自分の相を見てもらうと、南北の顔を見るなり「天下稀に見る悪相で、あと1年の命だ」と宣告されてしまったのです。

どうにか助かるには出家しかないということでした。その足で禅寺を訪れて入門を願い出た南北でしたが、住職は彼のあまりの悪相をみて何かして断ろうと、「1年間ずっと麦と大豆だけの食事を続けることができたなら入門を許す」と伝えました。

命懸けで、麦と大豆だけの食事を一年間忠実に実践し続け、約束を果たした南北は住職のところへ行く道中、再び例の人相見を訪ねてみました。すると、「なんと、天下稀に見る悪相が消えている!」と驚いたそう。

1年間食事を節制したことを話したところ、それが天に対して陰徳を積んだことになり、彼の凶相を見事に変えてしまったのです。もはや出家する必要のなくなった南北は、自らも観相家の道を志すこととなったのです。

水野南北にならう「節食で開運する方法」

水野南北の「節食開運説」では、以下のようなことがいわれています。
・食事の量が少ない人は、早死にしない
・常に大食、暴食の人は、たとえ人相が良くても運勢は一定しない
・常に身の程以上の美食をしている人は、出世も成功もおぼつかない
・常に自分の生活水準より低い程度の粗食をしている人は、人相が貧相であってもい
 ずれは財産を築いて長生きし、晩年良くなる
・食事時間が不規則な人は、吉相でも凶
・酒や肉ばかり摂って太っている人は生涯出世や繁栄し難い

冒頭で述べたように、最近注目を浴びている人気のモデルや海外セレブなどの食事法やライフスタイルと、重なる部分があるかもしれませんね。

関連するまとめ

日本発のスーパーフード!「海の野菜」と言われる昆布の美容効果とは!?

近頃はココナッツオイルやアサイー、チアシードなど海外生まれのオシャレなスーパーフードが日本では人気です。その…

飯塚 美香 / 1061 view

どこで買えるの?スーパーフード取扱店をご紹介

人気モデルのミランダ・カーやハリウッド女優のグヴィネス・パルトロウ、あのマドンナも実践しているスーパーフード…

すふらぶ編集部 / 5456 view

毎日食べたい『不老長寿の妙薬』ゴジベリー!簡単レシピ5選

ゴジベリーって、なにかみなさんご存知ですか?ゴジベリーとはクコの実のことです。杏仁豆腐の上に乗っている、あの…

すふらぶ編集部 / 981 view

すふらぶ編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。