ピタヤとは?

ピタヤは、ドラゴンフルーツという名前のフルーツの事です。ピタヤは日本でも売られてはいますが、あまり見かけることの少ないフルーツです。

食べたことがない人もいると思いますが、現在栄養価が高いことからとても注目されているものであると言われています。

ピタヤの栄養素

ピタヤの主な栄養成分は、以下の通りです。

・ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)
・ビタミンC
・ビタミンE
・ミネラル類(カリウム、マグネシウム、鉄分)
・食物繊維
・抗酸化物質(ポリフェノール)

そしてピタヤのカロリーは、100gで約50kcalです。1個あたりのカロリーは、約130kcalととても低カロリーなフルーツの一つであると言われています。

ピタヤの種類

レッドピタヤ(赤肉種)

果肉が赤紫色で、赤色の果皮をしているのが特徴です。キウイフルーツのような食感でジューシーさがあり、味は酸味の少ないライチに似ているものの、甘みがやや強めです。

ホワイトピタヤ(白肉種)

ピタヤの品種としてもっとも多く流通しているものであり、赤色の果皮で白色半透明の果肉であるのが特徴です。キウイフルーツのような食感で、酸味が少ないライチのような味です。

ピンクピタヤ(桃肉種)

果皮が赤色で果肉部分が淡いピンク色なのが特徴です。さっぱりとした甘みですが、ピタヤの中ではもっとも甘みが強い品種であると言われています。

イエローピタヤ

果皮が黄色で、形は松ぼっくりのようにゴツゴツした突起状であるのが特徴です。甘みが強くシューシーで酸味が少ない味であるため、ピタヤの品種の中では中間くらいの甘さになります。

ゴールデンドラゴン

見た目は一般的なピタヤと同様ですが、果皮が黄色であることが特徴です。味はさっぱりとした甘さで、水分は少なめで淡白なのが特徴です。

ピタヤの効果

便秘解消

関連するまとめ

アーモンドオイルでお肌をしっかり保湿しましょう♡

お肌の保湿って大事ですよね。冬の乾燥はもちろんですが、暑い季節もエアコンの影響でお肌は乾燥しがちです。みなさ…

すふらぶ編集部 / 489 view

口コミで評判!コンブチャクレンズの魅力

コンブチャクレンズって知っていますか?山田優さんが昨年11月に自分のインスタグラムで飲んでいる事を公開して話…

すふらぶ編集部 / 417 view

日本が誇るスーパーフード「ぬか漬け」 その驚くべき美容効果とは?

昔のから日本人の食卓に並んでいたぬか漬け。最近はぬか漬けを自宅でしている人も少ないのでは?毎日ぬか床を混ぜな…

すふらぶ編集部 / 823 view

すふらぶ編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。