さやえんどう

色合いでも楽しめるさやえんどう。お家で育てやすいので、こどものころに収穫したことがあるというかたも多いかもしれません。

食物繊維とビタミンCが豊富で、美容にもぴったり。必須アミノ酸の“リジン”には集中力や疲労回復をサポートする力があり、お子さんやスポーツをされるかたにおすすめです。さらに肝機能を向上させる“コリン”という成分が含まれており、老若男女に幅広く愛されるスーパーフードと言ってよいでしょう。休憩時間のスナックやスープとして食べるのがアメリカでは多いようですね。

成分

ビタミンK、葉酸、食物繊維、たんぱく質、チアミン、パテントン酸、マンガン、カリウム、マグネシウム、銅、鉄、亜鉛、ビタミンB6、ナイアシン、ビタミンB2、フラボノイド
さやえんどう 196gー231kcal
たんぱく質 16.4g、脂質 0.8g、飽和脂肪酸 0.1g、炭水化物 41.4g、食物繊維 16.3g

黒ささげ豆(ブラック・アイド・ピー)

アメリカではとても一般的な豆ですね。豆の一粒一粒に、黒い目のような模様が入っている事でブラック・アイド・ピー(黒い目をした豆)と呼ばれています。

“葉酸”が多く含まれているのが特徴で、小豆と比べて約2倍とのこと。葉酸は“造血ビタミン”とも呼ばれ、血液を造る作用があるとされています。貧血予防はもちろん、細胞の生まれ変わりをサポートしたり、肌トラブル全般にも効果があるという研究データも。ストレスによって作り出されるセロトニンの働きを抑えるという効果まであり、女性なら積極的にとってもらいたい野菜です。ビタミンCとの相性が良いので、ぜひ一緒に摂取するよう意識してみてください。

これだけでも黒ささげ豆がいかにスゴイスーパーフードかということがわかっていただけたはず。一度お試しくださいね。日本でも各地で栽培されており、お赤飯に入っているささげの変わりに使われることもしばしば。煮豆にしてもとってもおいしいです。

成分

葉酸、食物繊維、たんぱく質、チアミン、マンガン、鉄、マグネシウム、亜鉛、銅、カリウム、ビタミンB6、B2、パテントン酸、セレン
黒ささげ豆 172gー200kcal
たんぱく質 13.3g、脂質 0.9g、飽和脂肪酸 0.2g、炭水化物 35.7g、食物繊維 5.7g

スーパーフード・レシピ

アメリカのホームメイド・ビーンズレシピ

《材料》
ブラック・アイド・ピー、チキンブイヨンまたはコンソメなど、トマト、たまねぎ、にんじん、玄米、塩こしょう、その他お好みの調味料

《作り方》
1.豆は炊いておく。玄米も炊いておく。
2.なべにチキンブイヨンやコンソメ等を入れ、そこに刻んだたまねぎ、トマト、人参を入れて煮込む。
3.ブラック・アイド・ピーと玄米を入れ、塩こしょうなどで味を整える。

日本の豆料理は「甘い」ものばかりですよね。家庭で出される物にも、やはりお砂糖を使う物だと思いますが、アメリカではお砂糖は使わず、塩で塩辛くします。初めて食べた時には不思議な感じがしましたが、とってもおいしく、もっとたくさん豆が食べられます。

いろんな野菜やいろんな豆を使って、あなただけのオリジナルのスーパーフード・スープを考えてみるのも、いいかもしれませんね。

関連するまとめ

ゴキブリのミルクが未来のスーパーフードに!?

世の中にはカラダにとてもいい栄養素を含んでいるが、なかなか箸が進まない食材がたくさんありますね。そんな中、あ…

すふらぶ編集部 / 647 view

最近白髪が気になり始めた?そんなあなたにおすすめのスーパーフードはこれ!

髪の毛にキラキラした白髪を発見すると落ち込みますよね。加齢で発生するのはもちろんですが、最近は若い方でも白髪…

すふらぶ編集部 / 871 view

今年の夏を乗り切るためのスーパーフード活用法

まだ梅雨も明けていないのに、連日の暑さ...。暑さによる夏バテやエアコン環境による体調不良など引き起こしてま…

すふらぶ編集部 / 738 view

関連するキーワード

すふらぶ編集部

今話題のスーパーセレブが愛用するスーパーフードで体の中から美しくなるための情報を提供していきます。